MENU

加工内容

ワックス(ロー引き)加工

紙にワックス(蝋)をコーティングする機械です。
グラビアロールコーターやリバースロールコーターなどが一般的に使用されています。
グラビアロールコーターはグラビアロールでワックスを汲み上げ、余分なワックスをドクターで掻き落とし、紙にコーティングします。
リバースロールコーターはコーティングロールが紙の進行方向が反対になっており、下降中でも塗布量の調整が正確で、塗布量の多少に影響されず加工ができます。
また、溶かした蝋のタンクに紙を通し含浸(ドブ漬け)させ、プレスローラで蝋を絞る構造もあります。

  • パラフィンワックスとは

    天然ワックスに分類される(蜜蝋や鯨油などの動物系ワックス、木蝋などの植物系ワックスなどがある)石油系ワックスに属します。
    減圧蒸留により、潤滑油留分を製造し、脱ろう、脱油、精製の工程を経て製造されます。
    パラフィンワックスは炭化水素の混合物であり、炭素数20~36の直鎖状のパラフィン系炭化水素(n-パラフィン)を主成分としています。

  • ワックス(ロー引き)加工紙の機能と用途

    ワックス加工紙は耐油性、耐水性、防湿性、防錆性などの効果が見込めます。
    パン、キャラメル、キャンディ、冷凍食品、肉、魚、野菜などの食品包装は鮮度を保持することができ、機械部品では湿気を寄せ付けにくいことから錆を防ぐ効果があります。
    また防虫や防菌の薬剤を混合したワックスを使用することで、生育中の果実にかぶせる袋の素材としても使用されています。
    ワックス加工紙の風合いは独特の光沢感、透過性があり、アンティーク調のおしゃれなラッピング紙や封筒などの文具にも注目されています。

  • 三愛のワックス(ロー引き)加工について

    原紙坪量は17g/㎡~140g/㎡程度の加工が可能で、薄物から厚物まで幅広い範囲で加工が可能です。
    ただし弊社では紙を含浸させでワックスを塗布する方法ですので、原紙の紙質でワックスの塗布量が決まります。また含浸させない片面塗布も可能です。仕上り製品は巻取になります。
    加工環境は食品包材がメインですので、防虫対策の部屋での加工になり、別室で平判加工もしております。

ワックス(ロー引き)加工された製品
ワックス(ロー引き)加工ができる三愛の加工機
印刷・染色・ワックス加工 印刷・染色・ワックス加工
ウエットタオル製造 ウエットタオル製造 110
折り加工 折り加工 127
印刷・製袋加工 アルバム・薬袋製造機 116

資材調達や加工に
関するご相談は
三愛にお任せください。

「資材調達から加工まで、任せたい」「自社にある資材の加工を頼みたい」など、資材の調達から加工に関するお問い合わせはご相談フォームよりお送りください。三愛はお客様のニーズに合わせたご提案でお応え致します。